寺院 機張郡 観光名所

海東龍宮寺

海東龍宮寺の福テジ

釜山市内から東北部へ車で約50分ほどの場所にある海東龍宮寺は、1376年、高麗第31代の恭愍王の王師であった懶翁(ナオン)大師が創建したと伝わっています。、韓国三大観音聖地の一つであり、海と龍、そして観音大仏が調和を成してどこよりも信仰の厚い場所として、真心を込めて祈れば誰でもひとつの願い事が叶えられる寺院としても知られています。

高さ10メートルほどの海水観音大仏、海の岩に祭られている地蔵菩薩、お寺の入口には交通安全祈願塔と108の階段があり、階段の入口に得男仏と呼ばれる石の達磨像があります。

釜山市 機張郡の東海に位置する海東龍宮寺は、1376年に高麗公民王の王師であった懶翁(ナオン)大師が創建したと伝わっています。当時、国に暑い日照りが続いたある日、懶翁大師の夢の中に東海龍王が現れて「後ろは山で、前は海である場所で毎朝手を合わせて仏様を拝めば、雨順風調し、国泰民安あり」と言われ、ここにお寺を作って山の名を蓬莱山(ボンレ)とし、お寺を普門寺(ポムンサ)と名づけました。

しかし、文禄・慶長の役で消失され、1930年代の初期に通度寺(トンドサ)の蕓崗(ウンガン)和尚が寺を建て直し、1974年晸菴(チョンアン)和尚が100日間祈った末、夢の中に白衣を着た觀音菩薩が龍に乗って昇天するのをみて海東龍宮寺と改名しました。

海東龍宮寺は、海辺の険しい絶壁に1枚の絵のように美しく建っており、まるで、龍宮の中に入るような神秘で独特な伽藍配置になっているお寺に入るには煩悩の数の108階段を通らなければなりません。 108階段の入口に立っている達磨象の鼻と腹をお撫ですると得男するという噂があり、達磨象の腹と鼻には人々の痕跡が数多く残っています。

龍宮寺の伽藍に踏み入れると大雄殿とグル法堂、龍王堂が一目に入ります。グル法堂は彌勒坐像石佛が祀っている洞窟のような法堂で、入口には小さい童子僧人形が多く置かれています。子孫のない人がお祈りすれば、子供を得るという法堂内の彌勒佛は得男佛と呼ばれています。

お寺にある多様な見どころ

大雄殿の正面には、スリランカから持ってきた佛舎利を奉安した四獅子三層石塔があり、少し離れている所に龍王堂があって、後ろの丘の上には東の海を眺める海水觀音大仏があります。

ヤンヤン落山寺、南海ボリアムなどと共に韓国三大觀音聖地で呼ばれる海東龍宮寺は、このお寺で真心を込めて誰もが心から祈りさえすれば必ず一つの願いを叶えてくれると伝えられ、多くの願いを持つ観光客のみならず、参拝客の足が途切れることのないお寺です。

交通
南浦洞(忠武洞ロータリー)発の機張郡着の1003番座席利用
南浦洞を出発して、釜山駅と、広安里、海雲台海水浴場を経由して松亭海水浴場の入り口のバス停留所で降りる。(南浦洞起点にすると松亭海水浴場までは約1時間所要)
1003番座席バスから降りて、松亭海水浴場の方面に110メートル歩いたら右カーブが出てきます。そのカーブのバス停留場で181番市内バスに乗り換え、お寺の入り口がある国立水産科学院で降りる。そこからお寺まで徒歩約10分~15分くらい所要。
一般タクシー利用
地下鉄2号線 海雲台(ヘウンデ、Haeundae) 駅からタクシーで約20分(タクシー代約8,000ウォン)/西面のロッテホテルから一般タクシー代は、20,000ウォン~23,000ウォン/南浦洞からの一般タクシー代は、約25,000ウォン~28,000ウォン(タクシー代はあくまでも参考にだけしてください)。
釜山181番市内バス利用
地下鉄2号線 センタムシティ(CentumCity) 駅、海雲台(ヘウンデ、Haeundae) 駅で乗車、乗車場所によって約30分から40分くらい所要
西面近くの国鉄釜田駅で東海線に乗車
東海線の松亭駅で下車し、139番市内バスに乗り換える

基本情報
スポット名海東龍宮寺 ヘドンヨングンサ  해동용궁사
住所釜山市機張郡 機張邑 侍郎里 416-3
부산시 기장군 기장읍 시랑리 416-3
電話番号051‐722-7744~7755
休業日年中無休
入場料無料/駐車代3,000ウォン
観覧時間日が落ちるまで

口コミ

口コミを登録してください

Topics